洋服に興味を持ったきっかけ

メタボリック症候群という言葉は、中年オヤジの多くの人に当てはまるようです。

せっせと毎日働き、夜遅くに食事をとる。そんな生活を続けていると、どうしても脂肪がつきやすい体質になってしまうのでしょう。自身も、その一人となってしまっています。

元々体格の良い方で、こればかりはどうしようもないと半ば諦めていました。ある日、体調を崩して、思うように食事をとれない日が続いた結果、体重がいきなり減っていたのです。

それもそうですよね、今まで食べていたもののカロリーが、一気になくなってしまったのですから。健康には何の問題もなく、元気になった頃です。

それまで着ていた服が、ブカブカになっていたのです。

特に、腹周りはベルトを相当締めないといけない具合に。服を買う為に店へ行くと、それまで着れなかった服が着れる楽しみを感じ始めました。ファッションに興味の薄い中年のオヤジが、楽しくて仕方ないのです。

女の人が、買い物を楽しむわけが分かった気がします。しかし、デパートなどで服を買うと、非常にお金がかかります。全てをそういうもので揃えることは、一般家庭には負担が大きいのです。

そこで、自分に合うファッションが手に入る店をいくつか持っておくといいでしょうね。

飾り気の少ないシンプルな物が好みだったら、ユニクロは使えると思います。生地がしっかりしたものだったらここ、ジャケットを買うならここといったように、自分が求めるものに的を絞って、いくつかの店を知っているとよりファッションセンスを磨いていくことができそうです。

こだわりについて

これといったこだわりというのはないのですが、細かいところをすごい気にします。

肌触りのいい生地でないとそもそも着ることすら嫌なので、服を購入する際は必ず顔や腕に生地を押し付けてみてから肌さわりが良ければ買うようにしています。

それに加えて上半身で言えば首周りが詰まっているものも嫌いなので自分できついなと感じたものは、首周りの生地は切ってしまいます。
あと袖も私は人より腕が少し長いので、普通のウィメンズもので袖が長め、細かく言うなら指の中編くらいまで隠れるものしか買わないし着ません。

コーディネイトはゆるい感じのBOYS系といわれるような服装です。ですが、基本的に暗い色が大好きなので黒、灰色はもちろんボルドー、カーキ、紺色のようなダークトーンの服に下は黒のジーンズを合わせて小物で少し着飾るような格好をよくします。

特に雑誌やWEBサイトを参考にしたりということはしていないですが、街中でいいなと思った人の服装を少し真似てみたりということはしています。

雑誌は本屋に行った時に一応女物、男物一通り目を通しますが参考にするというより、今はこういうものが流行っているのか・・・というような情報収集のためです。

特に好きなブランドはありませんが、やはり金額の面と着回しがしやすい、カラーバリエーションがあるという点でユニクロで済ましてしまう場合が多いです。

ファッションにはほとんど金は注ぎ込まないです。むしろ趣味の方につぎ込んでしまっているので、服は季節の変わり目に何枚か必要なものだけを買うというような感じです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です