汚い肌はNG、最低限のスキンケアを

吹き出物ができやすい部位として挙げられるのが、口の周りです。
口の周りだけでなく、あごにも突発しやすいので注意したいところです。
あごにできる吹き出物の原因は、他の部位にできる吹き出物の原因と比べても危険な場合があります。
それでは一緒にチェックしていきましょう。

あごにできる吹き出物

あごの吹き出物は、若年層よりも、いわゆる成人を迎えてある程度経った人に多くみられます。
実際のところ、あごにできる吹き出物の原因は定かではない状態です。
しかし、原因として考えられる候補がありますので、それぞれご紹介します。

 

ヒゲ剃り時の刺激によるもの

男性のあごはヒゲが生えやすいため、神経が集中してしています。
そのため、注意して剃らないと神経を傷つけてしまうことがあります。
その傷から細菌が繁殖し、吹き出物ができるケースも考えられます。

内蔵が弱っている可能性がある

たとえば胃腸が衰弱している状態だと、そのサインとしてあごに吹き出物ができることが確認されています。
胃腸が衰弱する原因は、偏食によるものがもっとも大きいとされています。
偏食をやめ、規則正しい食生活にした途端に、あごの吹き出物がピタリと治ることもあります。

あごにできる吹き出物のケア方法

あごの吹き出物は鏡で見てしまうと目立つため、ふいに触ってしまいたくなるもの。
ですが、触れてしまうと、菌がつく可能性もありますし、余計な刺激を与えてしまいます。
ですから、何があってお、絶対に触らないようにしましょう。

あごの吹き出物を改善させるためには、清潔さを保つために正しい洗顔を行なってください。
もちろん、洗顔後のケアも大切です。

髪の生え際にできる吹き出物

吹き出物といえば、おでこや顔を中心にできるものですが、
ケアがしにくい背中であったり、頭皮にも突発するケースも確認されています。
今回は、髪の生え際や頭にもできた吹き出物の原因について解説していきます。

頭皮の吹き出物の原因となっているのは、皮脂が引き金になっています。
他の部位にも皮脂が分泌されやすい箇所はありますが、頭皮も同様に皮脂が多いことで知られています。
つまり、毛穴のトラブルを抱えやすく、吹き出物ができてもおかしくはない部位なのです。

特に髪の生え際は、半ばおでこといってもいいので、吹き出物が出ることがあります。
実は髪の生え際こそ、あらゆる部位のなかでも、もっとも皮脂の分泌量が多いのです。
そのため、不衛生にしていると、かんたんに髪の生え際に吹き出物ができてしまうことがあります。

ただし体質によって発生率がまったく違うため、必ずしも吹き出物ができるわけではないようです。

髪の生え際にできる吹き出物のケア方法

ケアがしにくいことで知られる髪の生え際の吹き出物。
だからこそ、ケアをするというよりも、予防を徹底するのが基本です。
当然のことですが、毎日シャンプーすることを忘れずに。

清潔に保つことが、何よりのケアになります。
注意したいのはヘアスタイルに気遣っている人は、よく整髪料を使うと思います。
そういう方は、帰宅後、すぐにシャンプーで綺麗に洗い流してください。
ただし、刺激の強いシャンプーを使用すると、逆効果になることもあります。

シャンプーは低刺激のものを選び、頭皮に優しいものを選択してください。
そして、しっかりとすすぐことを意識し、洗い残しのないように心がけましょう。
汚れのように毛穴につまることで吹き出物が発生します。

もし、髪の生え際に吹き出物が集中している時は、できるだけ整髪料は控えてください。
整髪料は決して頭皮や肌にいいものではありませんし、刺激を与えるものです。
ですので、使用には細心の注意を払ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です