車酔いさせない運転を

私の愛車は H16年式・マツダのアクセラスポーツです。
可愛くて 丸みを帯びた 女性ウケのいい車ももちろん好きです。
しかし 個人的には「スタイリッシュでかっこいい」ものに惹かれる性格で
アクセラスポーツの流線形のかっこいい良さと フロントとリヤの美しさを感じるライトのパーツに 一瞬にして惹かれました。
実を言うと完全な「一目惚れ」で何も考えずに購入してしまったのですが
その愛車との生活から 色々と学んだことがあります。
以下はその学んだことについて まとめたものです。

車選びに試乗は必須

私は女性の友人を乗せて運転することが多いです。その中には車酔いをしやすい女性も。
アクセラスポーツはたまたま低床で カーブを曲がる安定性もよく
運転がとくに得意でもない 私でも彼女たちを一度たりとも酔わせることなくすみました。
もしも 女性を乗せるシーンが想定される方なら 実際に試乗して
カーブを曲がる時の状態はどうなのか チェックされることもオススメです。
ただ、試乗という短時間の検証でしにくいポイントがあるのは「長時間運転」です。
これは以前車屋さんから聞いたポイントですが
「渋滞の多い街乗り運転なら 高さのある車。遠出で山道や高速を乗ることが多いなら 低床の車。」がいいとか。
視点が変わるだけでも 疲れが軽減されるそうです。

経費の予測も必須

車を買う時は 大きな金額なので 車体本体の金額に目がいきがちですが
愛車と生活していっていると 目がいくのは維持費を対象にしたものが圧倒的に多いです。
私はその点を考慮しなかったため 自分の収入と愛車の維持費が見合わず
「ストレス」を感じてしまうことが多々ありました。何度も手放そうと考えました。
せっかく買った愛車ですから 楽しいカーライフを長く 共に送っていきたいですよね。
また車体と違って値引きにも限界があるものですから きちんと考慮された方がいいと思います。
維持費は決してガソリンや車検だけではありません。
タイヤやバッテリー たくさんの消耗品がついています。
そういった値のはる消耗品の金額も視野にいれて 購入されるのも一つの手ではないかと思います。

経済的に乗るには「やってみよう」の精神が大事

万一、少し維持に背伸びした車に乗ることを決めた場合、自分でやってみよう!という気持ちも大事です。
例えば消耗品の取り替え。
専門知識を要する「オイル交換」や「タイヤ交換」は整備士さんにおまかせした方が安心ですが
ワイパーゴムの取り替えなどは 特殊な車じゃない限り 自分でも交換が可能ですし ネットで購入すれば 安いものも手に入りやすいです。
私は手先が不器用なので ワイパーゴムの取り替えは実をいうと自信がなく
ワイパーブレード(本体にゴムがついたもの)をいつも買っています。
その方が取り付けが少し簡単だからです。
実際ディーラーでワイパーゴムを変えるのと 個人でワイパーブレードを買う金額を比較すると
私の愛車の場合は後者が安いことが判明しました。 それがわかってからずっと自分で交換しています。
たった数百円の違いかもしれませんが 少しでも経済的に愛車と長く付き合っていきたいので そうしています。
また、自分でできるチェックも最低限しています。タイヤの空気圧や状態のチェックなら自分でもできますし
ただの外観でのチェックでも こまめにすることで何か異常を発見した場合は 早めに手をうてば大事にいたらない場合も多いです。
車も人間と一緒ですね。早期発見・早期治療です。
以上が 私が愛車と付き合ってきて 学んだ点です。
車も人間と同じように 生きていると私は思っています。
自分のライフスタイルに合った車を選ぶことで 長く愛車ともつきあっていけますし
お金をあまりかけられなくても こまめに向き合うことで 愛車もイキイキしてくると思います。
大事な家族の一員としてこれからも共に 歩んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です