ストレスはニキビの原因にもなる

社会人になってストレスを受けると、ニキビができるようになることもあります。
新しく社会人になったり、異動や昇進で職場の環境が変わったりすると、急にニキビができることは珍しくありません。

ニキビの発生は、ストレスと密接な関係があります。

ストレスを受けるとニキビができる原因

ニキビは毛穴から分泌される皮脂が、過剰になることによってできます。
皮脂が過剰に分泌されると、その皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、皮脂を栄養源としてニキビ原因菌である「アクネ菌」が毛穴の中に繁殖するようになります。
アクネ菌の活動により、毛穴が炎症を起こしたものがニキビです。

この皮脂の過剰分泌が、ストレスにより引き起こされることがあります。

ストレスを受けると、体内には男性ホルモンが過剰に分泌されるようになります。
男性ホルモンは、人間を一時的に積極的・攻撃的にし、ストレスを脱出するために適した状態にしてくれます。

ところがこの男性ホルモンは、皮脂腺を刺激し、皮脂を過剰に分泌させる働きがあります。
怖い思いをすると「手に汗を握る」などということは、ストレスによって男性ホルモンが分泌される一つの例です。

ですからストレスを継続的に受けると、どうしても過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、ニキビになりやすくなってしまうというわけなんです。

ストレスが原因でニキビになった場合の対処法

ストレスが原因でニキビになった場合には、まずはストレスを解消することが重要であることは言うまでもありません。
自分にあったストレスの解消法を工夫してみるようにしましょう。

また洗顔方法や洗顔料にも工夫をする必要が出てきます。
毛穴の奥の汚れをきちんと取り去ることができるような洗顔料を選ぶようにしましょう。

ただニキビは、肌が乾燥すると悪化します。
肌を乾燥させる刺激の強い洗顔料を使ったり、洗顔を一日に何度もするなどのことは、できるだけ避けるようにすることがオススメです。

汚い肌はNG、最低限のスキンケアをしましょう。

ストレス解消法は?

自分が「ストレスを受けているのかも・・・」と思ったら、すぐに対処することが大切です。
ストレスを受けた状態を長引かせると、精神面や生活面ばかりでなく、体調面にも不調が出てくるようになります。

まずは心療内科や精神科などを受信し、専門医にきちんと相談することが大切です。
専門医はストレスを解消するために、適切なアドバイスをしてくれると思います。

その上で、ストレスを解消する工夫をしてみましょう。

仕事上でのストレスは、その根本原因を取り除くことはなかなかできません。
様々な人間関係の軋轢により、ストレスを感じる状況は、これからも続いてしまうことになるでしょう。

ただし大切なのは、ストレスを感じたらそのままにせず、自分なりの工夫をして気分転換をし、ストレスを解消することです。

ストレスを解消する方法は、人それぞれで自分に合ったものを見つける必要がありますが、たとえば次のようなものがあります。

・電車の中でガムを噛む
・仕事中、好きなドリンクを飲んで休憩する
・深呼吸をしたり、仕事仲間と雑談したりする
・習い事や趣味をしてみる
・食事を楽しむ工夫をする
・適度な運動をする
・入浴タイムを楽しむ工夫をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です