一石二鳥の夏バテダイエット

夏バテをうまく利用して、一石二鳥ダイエット

夏はだるくなったり、食欲がおちたり、とふとしたことで夏バテになりがちです。
ダイエットをしたい方にとって、食欲がおちる夏はうれしい季節かもしれませんが、夏バテは甘くみていると深刻な病気につながる場合もあります。効率的に栄養をとりながら、同時に日ごろの食生活を改善したり、悪い習慣を断ち切るなど健康的にダイエットをはじめてみましょう。

疲れた体にクエン酸

いろいろなところで耳にするようになったクエン酸ですが、言葉からイメージされるとおり、すっぱい食材に多く含まれています。
このクエン酸が疲れの原因となる乳酸や、さらには脂肪を燃焼するため、疲れをとり、さらにスリムな体にしてくれる理想の成分といわれているのです。
クエン酸が含まれている代表的なものは酢、です。酢の味が苦手な方もいるかもしれませんが、最近はまろやかな味の酢、さらには飲むお酢など生活にとりいれやすい形のものがふえているのでうまく生活に取り入れていきたいですね。
梅干しも同じく代表的な食べ物ですが、そうめんやサラダのドレッシング、胡瓜や豆腐などにあわせたり。わざわざ調理をしなくてもトッピングとして使えるのが便利です。
また酸っぱい果物にもクエン酸は含まれているので食欲がおちたときの栄養補給に、とっていくことをおすすめします。

代謝を高めるスパイスは強い味方

食欲がおちた時にも食べられるカレーやエスニック料理ですが、そこに多く使われているスパイスは夏バテにもダイエットにもいい作用があるものばかりです。
食欲増進の効果があるハーブ、スパイスは同時に消化作用もありますし、辛いものは脂肪燃焼効果もあります。
スパイスや薬味が好きな方は、さらにトッピングをして効果を高めていただきたいですね。

いいことづくめの発酵食品も忘れずに

体にいいといわれる発酵食品は、納豆、味噌、珍味という日本古来のものからヨーグルト、チーズ、ワイン、と幅広いものがあります。発酵食品は苦手、という意識がある方も調べてみると好きな食材が含まれているかもしれません。
旨味(は好みですが)や栄養価があがり、内臓や腸内環境を整えるといわれる発酵食品は、食欲のおちる夏こそコンパクトに効果的に、取り入れていきたいものです。量が食べられない分、少ない量で栄養を取り入れていく、という意識で食事に取り入れていきたいものです。

夏バテを解消するためには食事だけでなく、ぐっすりとよく睡眠をとること。お風呂に入って汗を流し、老廃物を流すこと。適度に体を動かしていくこと。も大事です。
食生活に気をつけながら健康的な生活をおくることが、結局はダイエットへとつながるようです。
シンプルに、丁寧に、夏をすごしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です