音楽鑑賞にオススメ、BTOパソコン

あなたは、最近人気のあるBTOパソコンについてご存知ですか?
BTOとは「Build to Order」の略であり、日本語に訳すと“受注生産”といった意味になります。
つまり、ユーザーから注文を受けてから生産や組み立てが行われるオーダーメイドのパソコンのことです。
そのため、ユーザーが自分の好きなようにパソコンをカスタマイズすることが可能となります。

このBTOパソコンは、初心者ではなく、ある程度パソコンについて知識のあるユーザーが受注者となります。
一台目のパソコンではなく、二台目や三台目を買いかえようとするユーザーたちがその中心的な顧客なのです。
BTOパソコンは、その価格も安いため、最近はそうしたユーザーたちに大変な人気を持っています。
たとえば、世界最大のパソコンメーカーといわれる「DELL」のパソコンなども、受注者の希望に沿って自由にカスタマイズされるため、BTOパソコンといわれます。

BTOパソコンのメリットって何?

BTOパソコンの場合、その販売ルートはメーカーからの直販となります。
そのため、中間マージンが付加されず、通常のようにお店やネットショップを通じてパソコンを買うよりもだいぶ安く手に入れることが可能です。また、周辺機器やオーバースペックなどの不必要なものも仕様変更することができ、より安くて自分に合ったパソコンを購入できるというメリットもあります。
そしてBTOパソコンには、しっかりした動作保障があるという魅力があるのです。

通常のように、メーカーから購入したパソコンなら、もちろん確実に動きます。
しかし、自分でパーツを購入してパソコンを組み立てるとなると、そうした動作保障というものはないのが普通です。ところがBTOパソコンなら、どのパーツを選んで組み合わせてもらっても、動作保障がしっかりとあることが、とても大きなメリットであるといえるでしょう。

BTOデスクトップパソコンを選ぶ場合のポイントとは?

BTOのデスクトップパソコンには、様々なものがあります。
おそらくBTOでデスクトップパソコンの購入を考えている人は、高性能なパソコンが目的であるか、或いはできるだけ価格を抑えたいという人でしょう。

ここでは、BTOデスクトップパソコンを選ぶときのポイントについてお伝えします。
まず、一つのポイントとなるのは大きさです。
デスクトップパソコンの性能は、大きさによってある程度決まってきます。
大きさとしては、ミドルタワーやミニタワーが優れています。

そのため、特別なモデルを求めるのでなければ、大体この二つの大きさのどちらかでいいでしょう。
また、もう一つのポイントは、スペックや機能です。既製品のパソコンを買うと、よく足りない部分や邪魔な部分があったりします。
しかしBTOなら、自分に合ったスペックや機能で注文が可能です。

あなたはBTOデスクトップパソコンにどんな機能を求める?

なかには、とにかく高性能なパソコンを作りたいという人もいるかもしれませんね。
現在では、CPUのラインナップが複雑化しているため、最も高性能なのはどのモデルかが分かりにくくなっています。
BTOパソコンとしての高性能モデルなら、一部のウルトラハイエンドモデルやゲーミングモデルとなります。

また、テレビをよく視聴するため、テレビ機能をポイントとしてパソコンを作りたい人もいるかもしれません。
パソコンでテレビを楽しみたいなら、モニターやグラフィック機能を持つものがおすすめです。
それに、それなりのスペックも必要となるでしょう。

また、パソコンで本格的な音楽鑑賞を楽しみたい人もいるのではないでしょうか?
パソコンで音楽をよく聴く人は多いでしょう。
パソコンは、便利な音楽再生機器ともいえますが、音質の面では工夫が必要です。
BTOの音楽鑑賞パソコンを作りたいなら、高音質なスピーカーも必ずつけるようにするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です