目を良くするための方法とサプリの効果

最近物が見えづらくなったり、視力の低下を感じているという方も多いでしょう。
視力が下がってしまうと、私生活にも支障が出るおそれがあります。
例えば車の免許では、視力が一定以下になると眼鏡の着用などが必要になります。
また、新聞や本、商品パッケージの文字が見えづらく、不便を感じてしまうこともあるでしょう。

私達にとって視力は非常に重要であり、私生活に影響が出ている場合は少しでも視力をアップさせることが大切です。
視力をアップさせるトレーニングなどもありますので、気になる方は実践してみましょう。

目を良くするための方法・手段

視力が低下する原因は様々ありますが、目を酷使することで起こる視力の低下は血行不良が原因です。
例えばパソコンやスマートフォンを長時間使用すると目が疲れると思いますが、血流が悪くなり視力の低下に繋がるおそれがあります。
このような時は、蒸しタオルで目の周辺を温めてやると良いでしょう。

ハンドタオルなど小さめのタオルを水で濡らしたらきつめに絞り、電子レンジで20秒~30秒ほど加熱します。
そのままでは熱いため、少し冷ましてから目を閉じた両目のまぶたの上に乗せましょう。
数分間乗せると目の疲れが取れるとともに、視力がハッキリするようになります。

また、慢性的な視力の低下は毛様体筋が緊張し、うまくピントを調節できなくなっていることもあります。
このような場合は毛様体筋の緊張をほぐし、ピント調節しやすくなるよう鍛えるのが良いでしょう。
毛様体筋のトレーニングは、視点移動する方法が簡単です。

まず親指や人差し指を立て、両目でじっと数秒間見つめましょう。
今度は指からすぐに視線を離し、遠くの景色を見つめるようにします。
遠くの景色は少し長く見つめ、再び指を数秒間見つめるように繰り返します。

このトレーニング法はすぐにできますが、1セットあたり2~3回を目安に毎日何セットか繰り返しましょう。
遠くへ視点を移動する際は、やや遠く(数メートル程度)を見つめるようにするのがポイントです。
こういった方法は私もたまにやりますが、スッキリした感じがします。

手軽さならサプリもおすすめ

視力の低下が気になり始めたら、蒸しタオルで血流を良くしたり、毛様体筋をトレーニングする方法が簡単です。
いずれもすぐに実践できるのが強みですが、もし長年視力の低下で悩んでいる方は、サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。
ファンケルが「えんきん」という目に関するサプリメントを販売しています。

えんきんは日本で初めてとなる目の機能性表示食品で、臨床試験によって効果が認められています。
期待できる効果はピント調節機能の改善と目の使用による首筋・肩の状態の改善で、特にピント調節機能は4週間で改善されたという臨床試験結果が出ています。

成分はアントシアニンやカロテノイド、不和脂肪酸、そしてアスタキサンチンなどです。
合成着色料や保存料は使っておらず、吸収効率が良い植物性のソフトカプセルを使用しています。
毎日所定の量を飲むだけで良いため、視界がぼやけやすい方はえんきんを試してみると良いでしょう。
サプリメントのため効果には個人差がありますが、手軽さが魅力と言えます。

視力は維持が大切

視力は一度低下するとなかなか回復が難しく、人によっては手術が必要になることもあります。
私生活にも少なからず影響が出てしまうため、どのように維持するかがを考えなくてはいけません。
特にパソコンスマートフォンを使う機会が多い方は、普段からの習慣が重要になります。

視力を少しでも良くするなら、血流改善や毛様体筋のトレーニングがおすすめです。
手軽に試せるえんきんを始めてみるのも良いでしょう。
いずれにせよ、何らかの対策を行うことが大切です。

えんきんは個人的にとてもおすすめで、あまり目が疲れにくくなった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です